WEB予約
MENU

G-TES リハビリ

G-TES(総合治療用電気刺激装置)とは

G-TES(ジーテス) は、 ベルト電極式骨格筋電気刺激法 B-SES(ビーセス)を応用した下肢すべての筋肉を動かす電気刺激装置で、加齢や運動習慣がない方で運動をなかなか行えない方でも広範囲の筋肉を動かし、目的に応じて筋力トレーニングや有酸素運動を行い、
安全に運動代用することを可能にする治療法で、リハビリや高齢者の新しい運動方法として、TVや雑紙でも注目されています。

G-TESの治療方法について

治療時間:約20分

G-TESの治療は、腰・両ひざ・両足首にベルトを巻いて20分間横になったままの状態を保っていただくとても簡単な治療になります。

寝たままですが、運動した状態と同じ効果を得られますので、疲労感や汗をかく場合もあります。そのため、衣類の着脱がしやすい服装でお越しください。

G-TESの治療方法について

G-TESの治療を行うメリット

アプローチの範囲が広い

腰・ひざ・足首に電気を流して筋肉を動かしますので、下肢全体の随意運動を代用します。

アプローチの範囲が広い

痛みがない

ベルトから電気を流しますが、電極の面積が広く皮膚の接触面積が大きくなるため電位密度が分散され電極の痛みを感じず、筋収縮を行うことができます。

痛みがない

治療が簡易

治療がベッドに横になりベルトを装着するだけですので簡単に治療が行えます。

治療が簡易

目的別に治療が行える

・筋力トレーニング⇒20Hzで筋肉を恐縮させ強い筋収縮を行う
・代謝(有酸素運動)⇒4Hzで単収縮を繰り返し行う

このような方におススメです

・運動不足や運動制限のある方
・寝たきりや車椅子をご使用されている方
・フレイル・サルコペニアなど筋力低下が見られる
・変形性膝関節症や腰痛などで運動がしにくい
・呼吸・循環器障害で運動負荷がかけにくい

当院での治療

治療時間:約20分
通院期間:目安は週1~2回
費用:

G-TES治療は予約制になります。
また、G-TES治療を行った日は、他の診察は行えませんので、診察をご希望の場合は別日にてご予約をお願い致します。予めご了承ください。

D-TES治療をご希望の方は、お気軽にお問合せください。